名刺印刷が激安

籠池さんは、嘘つき?

「自治省に就職した。出向で奈良県庁に行った」
コレは嘘らしい。この人は、奈良県庁に就職した。

「関西大学法学部卒業である」
コレも嘘。ほんとうは関西大学商学部卒業である。
(経済学部という説もある)

「安倍首相から100万円の寄付をいただいた」
コレはどうか。にわかに信用しがたい。
そうかもしれないし、そうでナイかもしれないが、
これまでの嘘からすると、後者の確率のほうが高いと言わざるを得ない。

 もし安倍首相から寄付をもらっていたならば、これは大変ありがたいことだったはずである。
おかげをこうむったからである。

  • 名刺印刷 高槻市
  • 名刺印刷 堺市堺区
  •  しかし、昨日の時点でこの安倍首相からの寄付について公表することは、
    安倍首相に迷惑をかけることになる。
    もし本当に寄付をしてもらっており、そのことに感謝しているのなら、
    なぜ首相の寄付を公にしたのか、不自然である。

     もっとも籠池さんが、そうした常識的をもたない人物であるとすれば別であるが。

    最近の話

    最近ドラマを見ながら作業をすることが増えました!

    ドラマといっても何かの体長編的なものではなく。

    孤独のグルメとかそんなんですけどね。

    孤独のグルメって内容なんてほとんどないようなもんなんですけど、ただおっさんが食べ物をおいしそうに食べてるのって見てて飽きないです。

    なんかすごく面白く感じます。

    ドラマなんてほとんど、いや全く見ない私ですが、孤独のグルメは大好きです。

    一話が30分で終わるのも大きな利点ですかね。

    30分はアニメに慣れてるし。

    Cintiq Proのパソコンとの接続方法!

    Cintiq pro 13用の液晶保護フィルムを使ってみた!

    意識低いKのブログ

    実印はどこのはんこ屋さんが安い?

    明治政府は犬を「飼い犬」と「無主の犬」に分け、個人に飼われていない犬を殺しました。犬に関して、江戸時代の「集団」と「集団」の関係が終わり、「個」と「個」の時代(近代)が始まったのです。

    さらに、和犬のうち野犬と認定されたものはどんどん減らされ、かわりに洋犬が増えていきます。当然「犬の名前」も変化します。江戸時代には見た目重視の「トラ」「クマ」「ムク」といった名前が“普通”だったのが、「ジミー」「ジャッキー」「ポチ」といった西洋まがいの名前が幅をきかすようになりました。明治43年の朝日新聞の記事に、犬の名前ランキングがあり、そのトップが「ポチ」でした。ではどうして「ポチ」が日本中に広がったのでしょうか?

    明治19年の国語教科書「読書(よみかき)入門」に「ポチハ スナオナ イヌナリ」という文章が載ります。「幼年唱歌」の「花咲爺」は「うらのはたけで、ぽちがなく」ですね。他の教科書でも「犬はポチ(猫はタマ)」で、これが明治日本に定着します。ただ、教科書に載るくらい「ポチ」が人口に膾炙した理由は、諸説紛々、まあ「よくもこれだけ説があるものだ」と思うくらいです。

    「ぶち → パッチ → ポチ」説を唱えていますが、論拠はまだ弱いと私は感じます。ただ、「歴史」って、“こういったこと”の積み重ねなんですよね。なぜ犬の名前の代表が「ポチ」になったのか、当時の庶民がそれまで持っていなかった「姓」を持つようになったことももしかしたら関係しているのかもしれないなんてことも私は思っています。特に根拠はないのですが。

    素晴らしい実印

    自分の国の外に楽な生活を夢見て、コロンビア・メデジンからアメリカにやってきたカップル。女はレイナ(英語だとクイーン)。両眼の色が違う(「オッドアイ」と言うんでしたっけ?)魅力的な娘。彼女に“選ばれた”ラッキーボーイがマーロン。特に取り柄のない中流階級出身の少年は、“選ばれた”ことに舞い上がってしまいます。
    レイナの夢は、アメリカで専門教育を受けキャリアを積むこと。コロンビアではそんなことは、金かコネか幸運がよほどないと無理なのです。しかしアメリカ入国には高いハードルがあります。金とコネとビザ、それと親の許し。しかしアメリカは「コロンビア人」と聞くだけで警戒の目を向け、ビザはなかなか手に入りません。

    話はバラバラに進められます。ニューヨークにやっとたどり着いた二人がはぐれてしまった所から話は始まり、そこからの未来(マーロンがホームレスになり、英語を覚え、“聖母”に出会い、そして……)とそれまでの過去(二人がコロンビアで愛を育み、脱出ルートを探り、ついに非合法なルートを選択してそこでひどい目に遭い、そして……)とがシャッフルされて読者の前に示されるのです。
    ホームレスからやっと生活を立て直してニューヨークでレイナを捜し回るマーロンは、レイナと一瞬の幻想的な出会いをします。どこかで見たことがある、と思ったら、今年の映画「君の名は。」にも出てきたシーンでした。マーロンは自分に一目惚れをしてくれた“奇跡”のような少女に向かって、自分がアメリカにたどり着いた道程を少しずつ語り始めます。

    練馬区のはんこ屋

    マツダ(昔は東洋工業)は自動車製造に参入しようと準備をしていたのですが戦争のためにその努力は中断させられてしまいました。戦後は三輪トラック製造を手がけましたが、そのエンジンは先進的なものでした。当時のエンジンはサイドバルブが主流だったのに、マツダはオーバーヘッドバルブを採用したのです。発売された1トン積みのオート三輪車は、1157cc空冷2気筒エンジンで32馬力という(当時としては)驚くべき高性能でした。

    私はオーバーヘッドカムが当たり前でオーバーヘッドバルブは古い、という感覚なんですが、さらにそれより“前”があったんですね。
    少しでも安く軽くするために乗用車のエンジンも空冷が主流だったのですが、やがて庶民用の車にも水冷エンジンが搭載されるようになります。マツダクーペでは、軽乗用車なのに水冷直列4気筒でシリンダーヘッドにもブロックにもアルミ合金を使用する、という“贅沢”なエンジンが搭載されました。これは「軽」の次に小型あるいは普通乗用車を開発することを見据えての戦略です。

    印鑑屋さんまとめ

    12年、創業100周年の年、早期退職者募集に応じて予定数より多い1割の従業員がシャープを去ります。
    13年讀賣新聞に「片山会長退任、奥田に権限集中」という新聞辞令が載ります。それを読んだ片山は町田の策動だと激怒。逆に社の最高幹部を集めて、奥田に辞任を迫ります。奥田は孤立無援でした。

    人事面でずたぼろ状態ですが、自己資本率も危険な水準まで下がっていました。鴻海との交渉が膠着していたため、片山は仇敵のサムスンからの資本出資を受け入れようとします。もう何でもありです。サムスンは鴻海とシャープの仲を裂き、渇望していた複写機事業をシャープから手に入れようとしていました。そこで恩を売るためと安売りで市場が荒れることを防ぐために液晶パネルを大量にシャープから購入します。

    結局「キングギドラ」は13年にまとめて退場。新社長の高橋は株主総会で「OBには経営に口出しをさせない」と宣言します。陰では奥田に対して「しんどかっただろうに、人事のどろどろを外に漏らさなかった」と高評価をしていました。収益は改善、東京オリンピックが決定したのが追い風となり増資が決定されます。しかし、黒字になったのは一時のことで、すぐに赤字転落。権力闘争が再燃します。三洋の没落期には「沈みゆくタイタニック号の中で椅子取りゲームをしている」と内部の争いが評されましたが、シャープでも同じ轍を踏むことになります。経営陣は資金集めに奔走しますが、ハゲタカファンドでさえ相手にしてくれません。本社ビルなど売れる物は全部売り、切れる人は切り、電灯を間引くなどのコスト削減に精を出し、社員に自社製品購入のノルマを課し、ついには資本金を1億円に99%減資して「中小企業」になるという奇策まで検討されます(中小企業には税制上の優遇処置があるのです)。

    本書は、鴻海が出資に乗りだしたところで終わります。ここからタフな交渉が始まるわけで、それが「白馬の騎士」のように簡単なストーリー展開にはならないことは、私のような素人でもわかります(昨年、新聞報道などでその経過はある程度追えましたね)。しかし、ここまでのドロドロの抗争をやっていたとは、経営陣が皆で寄ってたかって会社を潰そうと“協力”していた、ということなんでしょうか? 私がシャープの社員だったら、きっと頭にくることでしょう。

    チタン製の印鑑が人気の理由

    若い頃・・っていう言い方自体がどうかとは思うけども、
    まぁ夜な夜な色んな店を徘徊、開拓したもんですよ、ええ。

    今のようにネットもないので、タウン誌や口コミを含め自分の足で探し回ったもの。
    ちょうど「カフェバー」等が流行り始めた頃とも被るかな。
    基本音楽が主役で、且つ“穴グラ”的な臭いを漂わす所がメイン。

    社会に出て間もない頃でもあるから、リサーチして体験し、なるべく安くて見劣りのしない店。
    あるいは少しだけ値が張っても、バリューがある店。
    幾つかのバリエーション、ランクを持ってあらゆる場面に活用する。
    男同士で気さくに過ごせる店、女の子としっぽり過ごせる店、口説きに使えそうな店、
    一人で気楽に過ごせる店、晩飯と一杯にちょうどいい店等など・・
    システム手帳に整理して、アイテムとして活用してましたよ。(笑)

    当時、時間もなきゃ金もない、だけど遊びたい・・
    その欲求を満たすには、あれこれ労力をかけねばならないのであり。

    あの当時からショットバーみたいなのは増えていったし、幾らでも安く遊べましたよ。
    財布に5~6000円しかないのに平気で朝方まで遊べたわけで。
    そんなことを週に何度も繰り返してた。

    今なんてもっと明朗会計、実にバリエーション豊富に選択肢があるじゃないですか。
    最高に恵まれてますがね。

    ある意味、カネがない、限られた条件だから楽しくもあるんです。
    工夫する楽しさ。下手に余裕あるとカネの勢いだけで走っちゃう、適当になるのね。
    サラリーが増えてからの方が、かえって楽しくないんだな。

    印鑑がほしいけどどこがいい?

    昨日の夕方の、17時20分位に、4chに何と無くテレビを切り替えましたら、「銀シャリの、駅前パトロール」をしていました。後方の景色に見覚えが有るなぁと、思っていましたら、先週に予告しました様に、阪急・岡本でした。

     

    住んでいる人は、優雅な雰囲気の人達ばかりでした。
    この次は、皆さんの街にもロケ隊が出没するかも知れませんよ。
    蟹座
    (^◇^)
    数か月前に、勤めていた会社の社長が、嫌いだけど仕事を一生懸命するので好きになったと、書きました。
    その社長に、他にも指導を受けた事があり、「取引先から電話があれば、自分の言いたい事や質問だけを、べらべらしゃべるんじゃ無く、相手側の言い分や話も聞かなあかんゼ~。」と、言われました。

    そう言えば、私も慌て者なので電話でのやりとりで、自分の事だけをべらべら喋って、「あの~、私にも言わせてもらって、良いですか。」って言われたことがあります。
    あれ以来、仕事や個人的な電話で、相手先がしゃべりだしたら、自分の発言は控えて、話しが円滑に進むように心がけています。

    皆さんは、如何でしょうか。

    あきる野市で印鑑をつくるなら

    メチャクチャに運がいい人というのは存在するし、だからといってその人が別の人と違っているわけでもない。幸運の遺伝子などというものはないのであろう。だが運は確かに存在する。それが確率の揺らぎであったとしても。

    話は違うが確定申告の季節である。今年の収入はわずかなもので、経費とほとんど相殺してしまって、ちょっと還付が来ることが判った。私はほぼ税金を払わずに日本で暮らしていることになるが、いいのだろうか。

    それでも年金や健康保険は取られるし、固定資産税や消費税はもちろんである。どんなに貧乏でも金を取られる仕組みになっているのは凄い。まあ貧乏というのも相対的なものだけど。

    生活保護を受けると大学に行けない、というのが憲法上だか何だかで駄目だという話になっているそうだけど、大学は義務教育じゃないので仕方がないような気がする。もちろん私が当事者だったら声を上げて政府の政策を罵ったであろうが、違うので。

    運というものは不平等で、どうしようもないものである。世襲もしないし譲ることもできない。生まれつきかと思えるけど、人生の途中で変わったりすることもある。だから、それを持ち出されたらそこで議論は終わりだ。

    区切り区切りの印鑑作成を

    今晩は。ここ毎日がスリリングなサトルです(^^;)

    唐突な話ですが、来月3/1に辞令が出ます。
    今度は栃木県民になるみたいです。

    あちらにも会社の工場があって、技術が足りなくて困っているとのこと。
    プラス北関東方面の営業拡販もお願いされました。

    行け、と言われれば行きますが、ちょっと急過ぎない?
    引越し関連は何回かやっているので段取りとかは慣れたものですが、さすがに

    ・部屋の片付け(これがヤバイ)
    ・新居探す
    ・引越の見積もり取る
    ・引越(2月末~3月頭)
    ・社内の引継

  • はんこ屋 新宿区
  • ・艦これ冬イベント(^^;)
    ・QMA今月のボコスカードコンプリートまで(^^;;;;)

    絶対無理だわ。
    仕事帰ってから片付けやろうにも体力が続かないわ。寒いし。

    最悪、全部適当に段ボール箱に入れて今の家より広いところに引越してから考えればいいのかな?

    これを機に、あとでハンコを作らないといけないのは事実。実印がほしいな